株式会社スターシップホールディングスは M&A,アフターM&A ,相続・事業承継,企業再生,MBO,資金調達,のコンサルタントです。

トップページ > M&Aの流れ
方舟基金
方舟基金とは
拠出資金 3,000万円(以後、営業収入の1~5%を毎年積立)
基金名 方舟基金
投資対象企業 1:未上場で成長性があるが、組織が未整備な中堅・中小企業
2:未上場で後継者問題を抱えた中堅・中小企業
3:大企業等から独立を志向する子会社及び事業部門
業種 不問

投資運用のフロー
投資運用フロー
投資運用の図 ファインディング

■当社は、単独でもM&Aコンサルティングを手がけていることから、地場企業からの成長戦略に関する直接の相談も多く寄せられます。

■さらに株式会社スターシップホールディングスは、関連会社に税理士法人を含めた7社の総合経営コンサルティンググループであり、当該グループが関与指導する企業は北陸地区を中心とした中堅・中小企業が約3,000社程あります。

■EXITに関しても、長期保有による成長、経営陣による株式買い取り、M&Aによる第三者企業との資本提携のさらなる増強、IPO等、スムーズな投資からEXITまでの事業継承戦略を構築することが可能です

案件検討 成長戦略

■投資運用先企業にコンサルタントを派遣し、投資先企業の役職員とともに、計数管理から経営企画まで企業活動全般にわたりコミット。

■財務リストラクチャリングに留まらない、成長を通じた企業価値の向上支援。

■過去に採用した戦略以外にも、投資先企業のケミストリーを十分に勘案し、オーダー・メイドで戦略を立案・実行。

当社は北陸地区でM&Aで買収を希望する財務体質の優良な企業をデータベースで常時ストックしております。(現在約1,100件)

過去にM&Aで買収した企業情報を多数保有していることから、EXITの検討ができます。
単独でEXITを探すことはもとより、その他、全国のM&Aブティックとも連携を図っており、全国規模でM&Aを検討することが可能です。

方舟基金
経営コンサルティング事例【お客様の声】

ご紹介させて頂くのは、北陸で運送事業を営む、二本松物流株式会社様です。
二本松物流株式会社様は、北陸の運送業の中でも後発企業でしたが、ジャスト・イン・タイムによる多品種小口配送という、繁雑で細かい作業に対応し、荷主の心を掴んでいらっしゃいました。また、少しずつ業容を拡大され、それに比例して社員数も増加していました。
しかし社員数の増加に伴い、社員間のコミュニケーションが課題として顕在化してきました。そこで、社員の意思統一の為、これまで掲げていなかった経営理念を定めることから提案しました。経営理念を構築し、経営戦略・経営計画を立案し、社内外に対して掲げた結果、社内全体へ根付くまでには少し時間がかかりましたが、今では会議や朝礼等での経営理念の唱和が習慣化され、下記に挙げた社内の変化が効果として現れています。
お客様係代表、二本松 聖治様(肩書は二本松社長様のこだわり)は、「経営理念により会社の方向性を指すことは大変重要なことだと、改めて感じている」と仰っておられます。

内部管理体制に少し不備があり、ご相談がありました。
具体的には工場側と事務所側の連絡体制の不備など、報連相、コミュニケーションがうまく取れていないというものでした。
繁忙期などは少々大変で、時には顧客クレームにまで発展することもありました。

定期の管理者会議を実施し、コミュニケーションを図るようにご指導しました。
提案箱を設置し、社員全員の意見を会社経営に取り入れることをご提案しました。
業務連絡は連絡ノート(申送り帳)の記載を徹底し、「言った・言わない」の解消を図りました。
定期会議の実施により、段取りや人員配置の決定は事務所側の単独決定ではなく、工場責任者も参加させて検討するようにご指導しました。
休憩時間などを利用して、ベテランが若手を教育する時間、社内テストのような時間を取るようにご指導しました。

定期会議の実施によりコミュニケーション・ミスが少しずつ解消され始めました。
提案箱には大変良い意見も寄せられ、職場活性化に貢献しました。改善のヒントとなりました。
繁忙期の段取りを工場側・事務所側共に実施することにより、各自の参加意識の向上や業務効率化の意見が多数寄せられ、帰属意識の高揚が感じられました。

厳しい経営環境で社員への負担が増す中で、社員から「会社の方向性をもっと明示して欲しい」という意見があり、社長様がいろいろ検討した結果、当社へ経営理念の改定を含めたご相談がありました。

当社から“浪漫と算盤パック”をご提案しました。
その中で古い経営理念と現在のロゴマークをすべて一新しました。
“浪漫と算盤パック”では、その業務過程で、社長様の経営指針やビジョンなど、社長様のお考えをインタビューしそれを形(見える化)にしていきます。更にそれを経営計画とアクションプラン化していくものです。

経営理念はその浸透のため社員全員に配付し、その意図することを説明し、マークは封筒や社員章にして内部、外部に会社の存在意義を明示し、浸透させました。
内部、外部共にその反応はなかなか良いように伺っております。
従業員のベクトルを合わせていくことにより、その戦力が一極集中できると考えられ、今後のご活躍が期待されます。



【口座番号】

三菱東京UFJ銀行 金沢支店

普通預金 0109054

株式会社スターシップホールディングス 方舟基金

【口座番号】

北國銀行 英町支店

普通預金 277152

株式会社スターシップホールディングス 方舟基金


Copyright © Star Ship Holdings, Inc All Rights Reserved.